【アーカイブ】過去の例会写真  

 


2022年8月例会

恒例の鰻弁当を黙食し、開催された8月納涼例会。猛暑の所為もあってか若干展示花は少なめでしたが、夏を感じられる品種が、沢山出品されておりました。また、会員からは初物のミカンの差し入れもあり思わずニッコリ!そして、人気投票の入賞者への景品は、何と会員宅で収穫されたブルーベリーでした!!



2022年7月例会

異例の早さで空けた今年の梅雨。その後の猛暑の中7月例会が開催されました。今月の特集花は、カトレヤ ワーセウィッチです。また、入賞者の副賞は、恒例の会員宅で採れた朝採りのトウモロコシ!ワイワイガヤガヤの和やかな例会となりました。



2022年6月例会

今月は、初夏を彩るパープラタとガスケリアナの特集で開催され、華やかな雰囲気の例会となりました。10年選手の株も出品されており、その長年の努力を垣間見たようでした。



2022年5月例会

今月は風薫る爽やかな季節の例会・総会となりました。花も端境期となり、若干ボリュームは少ないようでしたが、会員各自の意匠を凝らして仕立てた作品が、数多く出品されておりました。枯らさずに毎年花を咲かせることの難しさ、また、和洋折衷の美を改めて感じた例会でした。



2022年4月例会

4月上旬というのに25℃を超える夏日の中、開催された4月例会。今月は、日本洋蘭界でもトップクラスのデンドロビュームラン園のはちのへ洋らん園の松原剛社長を講師に招き、熱い解説とともにデンドロの魅力が満載の講演をいただきました!そして社長からは、当会は一番元気な洋蘭愛好会と称賛され、大いに気をよくした会員&例会でありました。



2022年3月例会

新型コロナウィルスの終息も見えず、また、海外では、武力行使が行われ、憂えることの絶えない日々である。が、会員の花を見ることのできる唯一の時間なので、みんなで観賞しよう!ということで、今回もさくっと短時間で開催された。デンドロビュームが特集で、季節の移り変わりを確実に感じられる例会であった。



2022年2月例会

 

新型コロナウィルスのオミクロン株の終息も見えないまま開催された例会。そのため開催時間も1時間半と決め短時間例会となった。特集であるパフィオも数が集まり、会員の潜在能力の高さを表すものとなった!



2022年1月例会

新型コロナウィルスの終息も見えないまま2022年の新年を迎えた。が、そんなことを吹き飛ばさんばかりに会員の力作が勢ぞろいした。また、カトレヤ原種・交配種をメインに手掛けているという小島舎の小島研二様の講演もあり、今後の栽培に非常に役立つ例会となった。この講演とともにまさに当会にふさわしい幸先の良いスタートとなった!



2021年12月例会

今年最後の例会。恒例の一品持ち寄りは、新型コロナウィルスの為中止となったが、開花期に入り、花のボリュームもアップし、ワルケリアナの「しずく」の説明もあり、興味深い例会となった。 



2021年11月例会

恒例の移動例会。毎年(株)根岸園芸さまのご厚意により、広々としたハウス内でさせていただいている。今回は、新型コロナウィルスもやや収まりつつある中の開催でしたが、お昼を黙食し、感染予防には、万全を期しました!



2021年10月例会

緊急事態宣言が解除され、待ちに待った例会開催!特集の花「ラビアタ・マキシマ」は、溢れんばかりの出品でした。会員の熱意と栽培技術の高さを改めて実感です。これからの栽培相談でも会員独自の工夫の説明もあり、充実した例会でした。



2021年8月例会

翌日(2021年8月2日)からの緊急事態宣言発令前で、ぎりぎり開催できた例会。8月とあって、花数も少なく、今回は、栽培者のコメントをじっくりいただきました。よって↓の写真も栽培者説明の様子を多く取り入れてみました。熱弁を想像しながらご覧ください。



2021年7月例会

毎年恒例の夏の納涼例会がうなぎ弁当を黙食しながら、また、会員の方からは、初物のミカンの差し入れもあり、なごやかに開催されました。会場を大きくコの字で囲み壁側に花を配し、みんなの顔が見えるおだやかな例会でした。今月の人気投票の副賞は、会員宅で採れたトウモロコシでした。当会ならではの自慢の副賞です!



2021年6月例会



2021年5月例会



2021年4月例会

2021年4月11日 例会
2021年4月11日 例会


2021年3月例会(根岸園芸にて)

2021年3月7日 例会風景(於:根岸園芸にて)
2021年3月7日 例会風景(於:根岸園芸にて)


2020年1月 埼玉洋蘭展 会場風景
2020年1月 埼玉洋蘭展 会場風景